盗聴器の対策をするのは業者でも警察でもない、貴方自身です!

How to 盗聴器

貴方の周りにも盗聴器・・・あるかもしれませんよ?

普段何気ない日常の風景・・・でもその日常の風景の中に見えない耳が潜んでいるとしたら?誰もいないはずなのに自分が話していること、口に出したことが他の人に筒抜けだったとしたら・・・?怖いですよね。もしかしたら貴方の直ぐ近くにも盗聴器の魔の手が忍び寄っているかも知れません。盗聴器というのは、今や誰もが入手することの出来る一種の電化製品とかしています。勿論、ちゃんとした目的があって盗聴器を購入する人も勿論いると思いますが、盗聴器を購入する人の中にはそういった理由とは別に私的の理由の為に購入するという人も多々いるようです。

私的の理由とはどういったことに使うのか。もうおわかりですよね?まさか自分の部屋に盗聴器を仕掛けると言うことはいくら何でもしません。・・・そう、他人の部屋に盗聴器を仕掛けるのです。それはもしかしたら自分の好きな人だったり、もしくは憎い人だったり、理由は様々あると思います。しかし、盗聴というのは法律で許されている訳ではありません。と言うか許されるべき行為ではありませんよね。

このサイトは、盗聴器に関する知識を取り扱っていますが、犯罪を煽る為にこのサイトを作ったわけではありません。盗聴器に関する知識を皆様に少しでも知って貰って、盗聴器に関するトラブルを回避して欲しいと思ってこのサイトを作ってます。管理人は日頃からこの事に関しては敏感ですので盗聴器に関するトラブルにあったと言うことはありませんが、最新の注意をはらっています。盗聴器はテレビ番組やドラマの中の話だから自分は関係ないだろうと思っている人も数多くいると思いますが、それは間違いです。自分は別に可愛くもないしストーカーもされてないからどうでも良いとか思っている人は要注意です。盗聴器というのは自分の周りの人間が仕掛けている可能性というのも勿論否めませんが、面識も無い一般人が仕掛けているという可能性も勿論あるのです。「盗聴マニア」という人達もいるくらいですからね。ただ盗聴を楽しみたいが為に盗聴器を設置する輩がいるのです。ですから、自分は大丈夫・・・と高をくくらないで、自分ももしかしたら・・・と考えて行動するのが大切です。

自分で盗聴器があるかどうかを調べる方法もいくつかあるのですが、中にはどうしても巧妙なカムフラージュで目で見ただけでは気付かない盗聴器もあったりしますので、そういうときは盗聴器発見業者にお願いしてみるのも良いかもしれませんね。盗聴器発見業者があると言うことは、それだけ盗聴器が一般人にも普及してきていると言うことなのです。このサイトで書いてある盗聴器の知識を、ほんの少しでも良いから頭の片隅に置いて貰えると幸いです。